注意点

一般社団法人を設立する時の注意点を知ろう

これから一般社団法人を設立しようと考える時、大切なのはどういった方向にするのかということです。一般社団法人の定義とは、営利を目的としない非営利法人となっていることがあげられて、一定の人が集まってはじめて法人格を取得することができるのです。しかしながらここで注意点があって、一般社団法人は必ずしも「公益」を目的とする事業内容である必要はなく、基本的には自由に事業を行うことができるようになっています。 例をあげてみると、「収益」を出すことを目的にする、法人内部の「共益」を目的とする、どちらでも構わなくなっているのです。

簡単に言えば社団法人とは人の集合によってできるもので、設立そのものはそれほど難しくはありません。ただし設立は簡単でも一般社団法人における「非営利」といったものがネックになって活動停止になってしまう、そういったことも良く耳にするものとなっているのです。それゆえしっかりと注意点を確認することが重要になってきて、設立する前に必要なことを学ぶことが、長く続けていくことに繋がっていくのです。

営利、収益、共益といった似て異なる内容が関わってくるために分かりにくくなっていますが、一般社団法人はなんらかの活動をするために設立するもので、正当な利益を出すことは許可されているのです。もちろん、関係者に給料を配るのも当然のことになっていて、基本的に一般社団法人は目的のために作られることが多いのですが、素晴らしい活動をしている人間にも生活があって、収入は必要不可欠なので支払う義務、必要性は出てくるのです。

簡単に説明すれば一般社団法人というのは株式会社と違って、資金を出した出資者に対して配当金を出すことができない、そう考えた方がわかりやすいかもしれません。ただし活動によって利益が出た、それを働いている人に収入として渡すのは許されることになるのです。

一般社団法人ができる前は社団法人という法人が存在していたのですが、これは内容的に天下りの温床になったり、公益性が少ない団体も出てきて、しっかりとした公益性のある法人は「公益社団法人」、公益目的にこだわらず事業を行いたい場合は「一般社団法人」と分けようということになったのです。

こういった注意点をしっかりと確認しておくこと、設立してすぐに活動停止になってしまった、そういった危険性を避けることができるので、しっかりと学んでから作るようにすることが大切です。