チェックリスト

一般社団法人設立に関するチェックリスト

一般社団法人に関する新規設立時において、様々な書類の準備をしっかりと行わなければなりません。しかもどの申請時にどの書類が必要なのかまたどの書類は他の申請時にも必要なのかなど、整理をしていかざるを得ず何らかのチェックリストなどでの把握が求められるところです。

新規申請時に申請の手引きなどの配布をしているところでは、このチェックリストを配布し、その中で一つ一つの項目が認められるかどうかなどを細かく確認をしていきます。一般社団法人として定款の作成がどうか、あるいは法務局での登記の準備はどうかなど、色々な項目が確認できるようにしてあるものもあり、その受付をする役所側によって様々な措置が施されています。

一般社団法人では、設立に際しては役所との連携が必要不可欠なります。特に相談や変更ごとなどが起きた場合は、速やかに届け出るなどの対応が必要です。このとき、一般社団法人の設立では様々な役所への届出が必要となりますが、その届け出る役所ごとでチェックリストの存在があり、あるいは全くない場合もありますが、いずれにせよ、確認を必ずなされます。したがって、書類不備があればそこで申請手続きがいったんストップしてしまいます。

申請手続きがストップすれば、事業の開始がそれだけ遅れることになりますから、至急に申請を行えるように段取りをしなければいけません。一般社団法人ではその設立に際して、通常の法人以上に役所との関係が必要になっていきます。そのため、設立には段取りをしっかりと行い、書類不備などで返戻されたりすることがないように準備していくことが極めて重要です。

書類の受付を行う役所側でも、相応にチェックすべき項目などがあり、それらをチェックしていけば自然と申請書類の確認が出来るようにしています。これは受け付ける役所側でも、また申請者である一般社団法人側でも同じようにしていますので、その分確認がしやすくはなっています。

段取りが非常に重要な一般社団法人の設立であるため、少しのミスが数ヶ月先での許認可になってしまうことがあり得ます。新規設立が認められるのが遅れれば、それだけ事業の展開も遅くなってしまいます。従業員の手当なども考えなければなりませんし、収入がまだありませんから、その点でのフォローも考えなければいけません。

確実な申請のためにはチェックリストなどがあれば、それらを利用して段取りを進め、申請をぬかりなく行えるようにすることが求められます。